LUMIX S5におすすめの外付けカメラマイク5選

おーとふぉーかす
おーとふぉーかす
※2023年10月に更新しました。 また本ページにはプロモーションが含まれています

LUMIX S5はコンパクトな本体が売りのカメラですが、動画撮影にも向いているのが特徴です。

 

ただ動画を撮影するのなら、カメラ内蔵のマイクでは物足りなさがあります。

 

そこで動画撮影時の録音には、外付けのカメラマイクをつけるのが一般的です。

 

ここではLUMIX S5におすすめのカメラマイクを5つ選んでみました。

 


この動画では代表的なカメラマイク 4種を用意し、SONY α7SIIIに接続して屋内で収録して比較検証してみました。
合わせてご視聴ください。


ゼンハイザー MKE 200

 

ゼンハイザー MKE 200

 

LUMIX S5にサードパーティ製のカメラマイクならゼンハイザー MKE 200がおすすめです。

 

音響機器メーカーが販売しているマイクで、その収音性能の高さに定評があります。

 

サイズ感は非常にコンパクトですので、重量の負担もほぼないと言えるくらいです。

 

指向性のマイクカプセルを搭載していて、ノイズフィルターまでついているのがポイントでしょう。

 

 

DMW-MS2

 

 

上段のマイクよりも本格的な録音をしたい人にはDMW-MS2があります。

 

同じくパナソニック製のカメラマイクですので、LUMIX S5との相性もばっちりです。

 

ガンタイプのステレオマイクで、サイズは大きくなってしまいますが、収音性能は段違いにあがっています。

 

同じメーカーだけに連動もスムーズにできるので、動画撮影にストレスを感じにくいのもポイントです。

 

こもった音にならず、クリアな音声になるのが特徴でしょう

 

 

Panasonic VW-VMS10

 

 

LUMIX S5と同メーカーのカメラマイクがPanasonic VW-VMS10です。

 

比較的にリーズナブルな価格帯のマイクになります。

 

本格的な動画撮影をするのには物足りなさがありますが、自家用に撮影する程度であれば十分な品質があるでしょう。

 

マイク本体もコンパクトなサイズ感ですので、普段はカメラに取り付けない人でも違和感が少なくてすみます。

 

ウィンドジャマーも付属していますので、屋外での撮影でもノイズの抑制ができるでしょう。

 

本体とジャックで接続して給電するタイプなので、給電する仕組みがないカメラには使えない点は注意してください。

 

 

ゼンハイザー MKE 400-II

 

 

ゼンハイザー MKE 400-IIもおすすめのカメラマイクです。

 

上記のマイクがお手軽なコンパクトサイズのものなら、こちらはより本格的な録音環境を作ってくれます。

 

ウィンドウプロテクションと、サスペンションマウントを内蔵していますので揺れなどによるノイズも抑制してくれるでしょう。

 

LUMIX S5で本格的な動画撮影をしたい人に向いているアイテムです。

 

 

Rode Wireless GO II

 

Rode Wireless GO II

 

Rode Wireless GO IIはカメラマイクの中でも特殊な物になります。

 

テレビ撮影などで見かけるピンマイク型になるためです。

 

ワイヤレスで送受信をするタイプで、LUMIX S5でインタビュー動画などを撮影したい時に向いています。

 

最大で2台までの音声をミックスして収録できるのもポイントです。